割物花火・小割物・ポカ物


花火の技はやはり割物(わりもの)打ち上げ玉に凝縮されているといえます。なかでも直径30センチの一尺玉(いっしゃくだま) =10号玉は代表的な存在です。芯を入れるなど複雑な細工をするには7号玉以上の大きさが必要とされます。またこの伝統的な割物花火により花火師の技能や特色が表れます。いくつも芯の入った精巧な割物は花火師なら誰でもが作れるというものではないです。
 割物は菊や牡丹に代表される分類や、半割物は割物ほど強い割薬を使わない花火。ポカ物は割薬の量も少なく、また大きな号数の玉もあまり作られません。



割物・芯入菊
内側に芯が入り、二重の同心球になる花火です。
割物・牡丹
星が尾を引かずに、色や光の点で形を描きます。構造的には菊と変わりませんが牡丹には芯が入ります。
割物・菊
最も古典的な花火とは、菊花型割物花火のことです。
割物・三重芯変化菊
三重の芯を持ち、全体で四重の同心球を描きます。
割物・八重芯変化菊
全体で三重の同心球を描く菊花型割物花火
割物・雌雄芯変化菊
中心の星に打ち星などを混ぜて、おしべ、めしべがあるように開く菊型花火。
割物・錦菊
金色の星を使った菊型花火です
半割物・錦冠菊
俗にいうしだれ柳、金色の星が長くゆっくりと枝垂れて落ちるのが特徴
割物・芯入り銀牡丹
銀色の星を使った割物花火です
割物・錦変化菊
菊と比べるとより明るい錦の引きから色に変化する菊物花火です
割物・芯入り銀冠菊
白銀の花弁が長く垂れて落ちていく花火です

 


copyright©2004 Koseki-Enka All right Reserved